All-electricオール電化

オール電化に対して
 こんなイメージお持ちじゃないですか?」

■オール電化にするには。色々変えなくちゃいけないのかなぁ・・・。
■電気代が高くなっちゃうんじゃないかなぁ・・・。
■停電したら何もつかえなくなっちゃうんじゃないかなぁ・・・。

知ってみると分かるオール電化

今までこういったお考えをお持ちの方は、本当に多かったです。
これまではガスを使っていたものを全て、電気に変えるのですから、
そういったお考えになるのも、仕方ないですよね?
ただ、それは何も知らなかったから、安易にそう思ってしまっただけ!!
このわかりやすい説明を見て、これまでの考えを一新して下さい!
※勿論、ガスはダメと完全否定しているわけではございませんので、ご了承下さいませ。
生活スタイルにより、電気とガスの組合せがベターというご家庭もあるわけですから・・・。

ここを変えれば「オール電化!!

オール電化といっても基本的には、次の2つを変えてあげればオール電化になります!
よく考えてみるとそうですよね?ガスを使うのってこれ位ですよね?
もちろん中には、ガスファンヒーターやガスの床暖房を使ってらっしゃる方もいると思います。
そういった方には、経済的な蓄熱式の暖房器や床材は既存のままで使えるヒートポンプ式の床暖房システムに変える事も出来ます。

ガス・オール電化

「オール電化で役立つ電化製品」オール電化にすることで、よりエコにより電気代を安く出来る電化製品

「IHクッキングヒーター」

■炎が出ないので、吹きこぼれても立ち消えの心配がありません。
■電気ならではのセーフティ機能
■やけどや引火の危険性が少ない
■熱効率が高く約90%という高い熱効率と早い立ち上がりで、よりスピーディに調理

「エコキュート」

■光熱費の負担が大幅に減らすことができます
■ガスや火を使わないためクリーンで臭いもありません
■CO2(二酸化炭素)を使用するので、オゾン層の破壊や温暖化ガス排出などを抑制し、経済的、環境的にも優しい

エコキュートの選び方

エコキュートはさまざまな種類があります。たとえば一人暮らしの方やあまりバスタブに浸からないという方は、給湯専用タイプなどがいいでしょう。逆に家族が多くお風呂に入る時間もまちまちであれば、追炊き機能のあるフルオートタイプや差し湯のできるセミオートタイプ、タンク容量も大きいものをお勧めします。
神州電気ではそんな様々な種類の給湯器の中からそのご家庭ごとに合ったものをご提案させていただきますので、気軽にご相談ください。

電気代が一ヶ月たったの1000円に!

オール電化だから電気代は高くなる・・・。普通ならそう思いますよね!?
ただ、それは違うんです!
オール電化にすると実は電力会社で、時間帯により電気代の単価を下げてくれるのです。
ちなみに、一般的な使用でエコキュートでお湯を沸かす電気代は、1ヶ月で約1,000円、IHも1ヶ月1,000円~1,500円程度の使用代金です。
なぜ、そうなるか、詳しくは是非お問い合わせ下さい。

「停電になったらどうすればいいのか?」

当然、停電の際は電気は使えません。
ちなみに都市ガスでも停電時にはお湯が使えませんよね。
そして、料理に関しては停電時応急でカセットコンロを使用するという声もあります。
また、蓄電池の併用導入ですと、夜間の停電時でも電気は利用できます。
災害時などライフラインの復旧が早いのは電気です。

  • J-PEC
  • みんなで育てる再生可能エネルギー
  • 東京都環境局
  • パートナーシップ
  • NEPS
  • 環境共創イニシアチブ
  • 一般財団法人住宅金融普及協会
  • FuntoShare