SOLAR FRONTIERはじめての太陽光発電

1太陽光発電のしくみって?」

  • 1.電気をつくる

    太陽電池モジュール

    屋根などに取り付けて、太陽光の エネルギーから、直流電流を発電します。

  • 2.電気を集める

    接続箱

    太陽電池モジュールからの配線をまとめて、パワーコンディショナに送ります。

  • 3.電気を変換する

    パワーコンデンサ

    太陽電池モジュールで発電した直流電力を 効率よく、家庭用の交流電力に変換します

太陽光発電って「エコ」。そして「非常時」にも Good!」

CO2さないからエコ

石油や石炭などの化石燃料を使わず、太陽の光を電力に変えるので、
CO2を一切出しません。

「非常時には「自立運転」切り替え」

非常時の電源や停電時でも、ソーラーパネル
が発電可能な日中なら「自立運転機能」
電気を使うことができます。
※メーカーによって操作方法が異なりますので
停電時に備え平常時にあらかじめ「自立運転機能」
の操作方法を確認しておくことををお奨めします。

発電量が1,500W以下の場合、使用する電気製品の消費電力が1.500を超えないようご注意ください。

注意書き

※1

自立運転の電力は、生命維持装置や救命装置、医療機器。及びこれに準ずる機器には絶対に使用しないでください。自立運転をご利用になる際は、必ず付属の取扱説明書をご確認ください。タコ足配線での使用はおやめください。ノートパソコンは内蔵バッテリーを装着してご使用ください。
くもりや朝夕など発電量が少ない場合は、使用する電気製品の消費電力によって運転できない場合があります。また、天候変動によって日射量が低下した際は、使用できなくなる場合があります。モーターで作動する機器や運転開始時に大きな電流が流れるものには使用できません。自立運転に切り替えている場合は、停電が解消しても自動的に連系運転には戻りません。自立運転切り替え方法については、付属の取扱説明書をご確認ください。

※2

上記の消費電力値は目安です。ご使用の際には、各機器の取扱説明書等に記載されている消費電力をご確認ください。

「太陽光発電って家計に嬉しい」」

った電力家計プラス

太陽が出ている日中に発電した電気は、
ご家庭で使う電気の一部をまかなえるから、電気代の節約に。
さらに、余った分は電力会社へ売買でき、家計のプラスに。
日中の発電量が多いときは
余った電気を「売り」、
夜間や曇りで発電量が少ない時は電気を「買う」。
ご家庭の電気と家計を支えるシステムです。

太陽光発電システム運転開始から10年間は、
国が定めた価格余った電気を売ることができます。

  • 10KW未満(家庭用)

    10KW以上(産業用)

  • 10年間 買取保障期間

    20年間 買取保障期間

  • 電力会社等買取価格

    電力会社等買取価格

「太陽光発電って、投資回収現実的!

「発電でまかなえた電気代」と「余った電力を売ったお金」2つのおトクでモトをとる!

  • 投資回収期間方程式!

  • J-PEC
  • みんなで育てる再生可能エネルギー
  • 東京都環境局
  • パートナーシップ
  • NEPS
  • 環境共創イニシアチブ
  • 一般財団法人住宅金融普及協会
  • FuntoShare
  • FuntoShare
  • FuntoShare